MATLABで用いる関数と演算子

("MATLAB対応 ディジタル信号処理"の中で用いているもののみ抜粋)

定数

   pi          円周率

   eps         浮動小数点相対精度

演算子と特殊キャラクタ

数値演算子

   +          加算.行列の場合は要素ごとの加算.
   -          減算.行列の場合は要素ごとの減算.
   *          乗算.行列の場合は行列の積を出力.
   /          除算.行列の場合は行列の右除算.
   .*         行列の要素ごとの乗算.
   ./         行列の要素ごとの除算.
   ^          ベキ乗.行列の場合は行列のベキ乗(正方行列).
   .^         行列の要素ごとのベキ乗.

比較演算子

   ==            等号
   ~=            否定
   <, >, <=, >=  比較演算子

論理演算子

   &        論理積 
   |            論理和
   ~            否定

特殊演算子

   :            ベクトルを生成する.例 1:5 , 4:2:20
   ;            結果を表示しない.または,関数と関数を区切る.
   ...          次の行に続けて記述する.
   %            コメント
   .'           転置行列を出力する. 例 A.'

関数

   abs         abs(x):xの絶対値を出力する.

   angle       angle(h):複素数hの位相角(ラジアン単位)を出力する.

   axis        axis([XMIN XMAX YMIN YMAX]):グラフのx軸とy軸の範囲を
               指定する.

   bilinear    [NUMd,DENd]=bilinear(NUM,DEN,Fs):双一次z変換を行う.

   blackman    blackman(N):blackman窓を長さNの列ベクトルとして出力する.

   boxcar      boxcar(N):要素が全て1の列ベクトルを出力する.

   butter      [B,A]=butter(N,Wn):N次の低域通過
               ディジタルButterworthフィルタを設計する.

   buttord     buttord(Wp,Ws,Rp,Rs):通過帯域の損失がRp [dB]以下で,
               遮断帯域に少なくともRs [dB]の減衰をもつという条件を満たす
               ディジタルButterworthフィルタの最小次数Nを出力する.

   ceil        ceil(x):xより大きく最もxに近い整数を出力する.

   circconv    circconv(h,x):ベクトルhとベクトルxの循環たたみこみを
               計算する.自作の関数.

   colormap    colormap(gray):figureのカラーマップをリセットする.
               colormap([0 0 0]):白黒表示させる.

   compose     compose(f,g,x,z):Symbolic Math Toolboxの関数.
               関数f(x)のxに関数g(z)を代入する.

   conv        c=conv(a,b):ベクトルaとbのたたみこみを計算する.

   conv2       C=conv2(A, B):行列AとBの2次元のたたみこみを計算する.

   cos         cos(x):xの余弦値を出力する.

   cot         cot(x):xの余接値を出力する.

   direct      ディジタルバタワース低域フィルタを直接設計法で
               設計する.自作の関数.

   disp        disp(X):配列Xを表示する.Xが文字列ならば,
               その文字列を表示する.

   double      double(x):xを倍精度に変換して出力する.

   error       error('message'):エラーメッセージを出力し,処理を中止する.

   exp         exp(x):xの指数関数を出力する.

   fft         fft(x):ベクトルxの高速フーリエ変換を出力する.

   fft2        fft2(X):行列Xの2次元フーリエ変換を出力する.

   fftshift    fftshift(x):ベクトルxの右半分と左半分を入れ替えて出力する. 

   figure      figure:新しいfigureウィンドウを作成する.

   filter      y=filter(b,a,x):ベクトルXのデータをフィルタリングした結果を
               出力する.
   filter2     Y=filter2(B,X):係数行列Bで与えられる2次元フィルタを用いて
               Xをフィルタリングする.

   fir1        fir1(N,Wn):N次の低域通過ディジタルFIRフィルタを設計する.

   fix         fix(x):xの小数点以下を切り捨てた値を出力する.
 
   flipud      flipud(X):行列Xの行を反転させた結果を出力する.
   
   floor       floor(x):xより小さく最もxに近い整数を出力する.

   for         for と endにはさまれた命令を一定回数繰り返し実行する.

   freqs       freqs(b,a,w):分子の係数ベクトルがb,分母の係数ベクトルがaで
               与えられるアナログフィルタの周波数応答を出力する.

   freqz       freqz(b,a,w):フィルタの周波数応答を出力する.

   freqz2      freqz2(X):2次元信号の周波数特性を出力する.
  
   freqztrans  freqztrans(b,a,ftype,thetac,wc):Symbolic Math Toolboxを用いて
               周波数変換を行う.

   function    新たな関数を定義する.

   gray        gray:グレイスケールのカラーマップを出力する.

   grid        grid:グラフに格子状の目盛りを表示する.

   hamming     hamming(N):hamming窓を長さNの列ベクトルとして出力する.

   hanning     hanning(N):hanning窓を長さNの列ベクトルとして出力する.

   hold        hold on:この命令以降のプロット命令を同一のグラフ上に
               上書きする.

   if          条件分岐を行う.
 
   ifft        ifft(x):xの逆高速フーリエ変換を計算する.

   imag        imag(x):複素数xの虚部を出力する.

   imnoise     J=imnoise(I,TYPE,...):行列Iに格納された画像に対して,各種の
               ノイズを付加する.

   impinvar    impinvar(B,A,Fs):係数ベクトルBと係数ベクトルAで与えられる
               アナログフィルタのインパルス応答と等しいインパルス応答をもつ
               ディジタルフィルタの係数ベクトルBZ,AZを出力する.

   imread      A=imread(FILENAME,FMT):FILENAMEで指定した画像ファイルを
               行列Aに読み込む.

   imresize    imresize(A,s):行列Aに格納された画像のサイズをs倍にして
               出力する.

   imshow      imshow(I,[LOW HIGH]):行列Iに格納された画像を表示する.

   iztrans     iztrans(f):symbolic Math Toolboxの関数.関数fの逆z変換を
               計算する.

   kaiser      kaiser(N,beta):betaをパラメータするkaiser窓を長さNの
               列ベクトルとして出力する.

   legend      legend(string1,string2,string3, ...):ひとつのfigure上に複数の
               グラフを描いたときに各グラフのラベルを表示する.

   length      length(x):ベクトルxの長さを出力する.

   linspace    linspace(x1,x2,n):x1とx2の間を等間隔に区切ったn個の要素をもつ
               ベクトルを出力する.

   log10       log10(x):xの10を底とした対数を出力する.

   log2        log2(x):xの2を底とした対数を出力する.
 
   max         max(x):xの最大要素を出力する.

   mesh        mesh(X,Y,Z):メッシュ状の三次元グラフを表示する.

   meshgrid    meshgrid(x,y):(ベクトルyの長さ)行(ベクトルxの長さ)列の行列
               を2つ出力する.一方は全ての行がベクトルxと同じであり,もう一方は
               全ての列がベクトルyを転置したものと同じである.

   min         min(x):xの最小要素を出力する.

   mod         mod(x,y):xをyで割ったあまりを出力する.

   myconv      myconv(h,x)はベクトルhとベクトルxのたたみこみを計算する.
               MATLABの既存の関数のconvと同じ計算をする.自作の関数.

   mydft       mydft(x):ベクトルxの離散フーリエ変換を計算する.
               自作の関数.

   myfft       myfft(x):ベクトルxの高速フーリエ変換を計算する.
               自作の関数.
   myfilter    myfilter(b,a,x):matlabの既存の関数filterと同じ計算を行う.
               自作の関数.
   numden      numden(A):Symbolic Math Toolboxの関数.
               有理多項式Aの分子の多項式と分母の多項式を出力する.

   ones        ones(m,n):要素がすべて1のm行n列の行列を出力する.
   
   pcolor      pcolor(X,Y,Z):3次元のグラフを濃淡の変化を用いて
               平面上に表示する.

   plot        plot(x,y):xを横軸,yを縦軸としてグラフを描く.
               plot(x,y,'o')のようにプロットのスタイルを変えることもできる.

   plot3       plot(x,y,z):3次元プロットを表示する.

   poly2sym    poly2sym(b,z):Symbolic Math Toolboxの関数.
               係数ベクトルがbで定義される多項式を出力する.
               この多項式の変数はzで設定する.

   prod        prod(X):Xがベクトルときは各要素の積を出力する.
               Xが行列のときは,各列の積を行ベクトルとして出力する.

   real        real(x):xの実部を出力する.

   roots       roots(C):係数ベクトルがCである多項式の根を計算する.

   shading     shading interp:グラフの各格子点間の色を線形に補間する.

   simple      simple(s):symbolic Math Toolboxの関数.関数sを簡略化して
               出力する.

   simplify    smplify(S):Symbolic Math Toolboxの関数.
               式Sを簡単化し,有理多項式として出力する.

   sin         sin(x):xの正弦値を出力する.

   sinc        sinc(x):xのsinc関数を計算する.
               y = sin(pi*x)/(pi*x)     x ~= 0 の場合
                 = 1                    x == 0 の場合

   size        size(X):行列Xの大きさを出力する.

   sqrt        sqrt(x):xの平方根を出力する.

   stem        stem(x,y):xを横軸,yを縦軸の値としてデータを
               プロットする.

   subplot     subplot(m,n,p):figureウィンドウをm行n列の小さいグラフに分割し,
               その中のp番目のグラフを選択する.

   surfl       surfl(X,Y,Z):3次元のグラフを立体的に表示する.

   switch      条件にあったcaseの内容を実行する.

   sym2poly    sym2poly(A):symbolic Math Toolboxの関数.
               多項式Aからその係数ベクトルを出力する.

   syms        Symbolic Math Toolboxの関数で用いる変数を宣言する.

   symsum      symsum(s,a,b):Symbolic Math Toolboxの関数.関数sについてaから
               bまでの和を求める.

   tan         tan(x):xの正接値を出力する.

   tf2sos      tf2sos(B,A):分子,分母の係数ベクトルがA,Bである伝達関数を
               2次縦続形の伝達関数として表現し,その係数ベクトルを出力する.

   unwrap      unwrap(P):位相角Pの変化の絶対値がπより大きいとき,2πずらして
               修正する.

   view        view(AZ,EL):3次元プロットでの視点を設定する.
               AZは水平方向,ELは垂直方法の回転を設定する.

   while       条件が成立している間,whileとendにはさまれた命令を繰り返す.

   xlabel      xlabel('text'):グラフのx軸にラベルを付ける.

   ylabel      ylabel('text'):グラフのy軸にラベルを付ける.

   zeros       zeros(m,n):m行n列の零行列を出力する.

   zlabel      zlabel('text'):グラフのz軸にラベルを付ける.

   zp2tf       zp2tf(Z,P,K):零点がベクトルZ,極がベクトルP,利得がKで
               与えられる伝達関数の分子,分母の係数ベクトルを求める.

   zplane      zplane(Z,p):有理多項式の分子の係数ベクトルZと分母の係数
               ベクトルpから零点と極をプロットする.

   ztrans      ztrans(f,k,w):Symbolic Math Toolboxの関数.kを変数とする関数fの
               z変換を求める.



[back]
kawamata@mk.ecei.tohoku.ac.jp
Last modified: Tue Apr 25 15:11:34 JST 2000